読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotaru70’s diary

就活が本格的に始まってしまった、とある文系大学生の日記

3月3日 軽く忘れてましたわ

いや忘れてたわ。

4日になるギリギリで思い出したわ。

 

 

今日は基本昨日と同じやな。

ES書いて、日程調整してって感じ。

 

個人的には自己分析をもう一回やり直したことが特筆すべき事なのかも。

 

 

自己分析ってさ、正直ほとんどの皆さんが「わけ分からん」って思いながらやってると思うのよ。

俺もね、哲学科だし〜自己との対話とか余裕〜って思ってたけど、俺そこまで哲学してなかったことに気付いたレベルでわけ分からなかったもん。

 

まぁ、とりあえず書店で売れてるという自己分析のための本を買ってみたんだが、適当に済ませて終わってたのよね。

で、今日、というか深夜あたりからツイキャス使って自己分析してたのよ。寂しかったし?1人は辛いじゃん?

よくある楽しかったこと〜とか悔しかったこと〜ってのを思い出しながら、その時どうしてそんなことをしたのか考えて、えっちらやってた訳ですが。

 

 

俺、どうやら目立ちたがり屋だったみたい。

しかも自分の話を聞いてもらいたいっていうウザポイント付きの。

そのくせ「あの人から変な風に思われちゃったらどうしよ〜」ってチキンな目立ちたがり屋。

 

これ、俺のこと知ってるやつからするとマジ?wwwってなることだと思うんだけど、何を隠そう俺、小学生の時はかなりリーダーになりたがるやつだったのよね。

でも高学年あたりで太って、こんな姿で前に出たら笑われるんじゃ…的な感じでどんどんチキンになったわけ。

 

 

つまり!!デブがすべての原因だったんだよ!!

 

そんなわけで割と仕事任されるのも好きだし、期待されるのも好きみたい。ただし面倒くさがりだから、そこはなんとかしないとねって感じ。

 

とまぁ、一通り自己分析してみるとこんな事が分かったわけなんだが、なるほどなぁって感じ。

 

就活とか、受験とかもそうだけど、情報戦って言うじゃん?履歴書はこんなこと書いて〜面接ではこんなことを言って〜って、色んな情報が出回るし、どれが正しいのか分からなくなる。とりあえず片っ端からエントリーして、全部落ちちゃったってなったら挫折しちゃうかも。

 

正しい道がわからなくて、手探りの中進まなきゃいけない。周りの情報は全て嘘かも知れなくて、何が本当か分からない疑心暗鬼。

そんな時に、心の支えになるのが自己分析で見つけた自分なのかなって思った。

もちろんその自分も完全に合ってるかは分からないから、何度も自己分析して更新して行く。

そうやって戦っていくのが、就活なのかなと。

 

そんなことを思った今日でした。

 

 

 

まぁ、そんなのは夢見がちなアホの妄言かも知れんがね