hotaru70’s diary

就活が本格的に始まってしまった、とある文系大学生の日記

3月14日 White Day

家から出なかった俺には一瞬たりとも関係のないイベントですわ。

 

 

 

 

巷ではホワイトデーなるものが話題になっていたようで。

今日はホワイトデーのお話です。

 

ホワイトデーが日本で生まれたイベントというのは有名だと思いますが、どんな経緯で生まれたのでしょうか。

 

ホワイトデーを生み出したのは全国飴菓子工業協同組合。1978年のことです。

当初は「キャンディーの需要拡大を図るため」という目的で売り出していたようです。しかし「キャンディーの日」にしなかったのは、バレンタインデーのお返しの日とする方が将来的にホワイトデーの価値が高まると考えたからだそうです。

 

また3月14日にホワイトデーを設定したのは、三世紀ローマで恋愛結婚の禁止令に触れた若い男女がバレンタイン神父に救われ、神父が殉職(2月14日)した、1ヶ月後に永遠の愛を誓い合ったことに由来するそう。

他にも古事記では3月14日は、日本の飴製造の起源の日でもあるなど、中々曰くある日にちのようですね。

 

 

 

最初こそ、バレンタインデーのお返しにキャンディーを送る日でしたが、現在はマシュマロやクッキーなどが主流になり、ぶっちゃけ何でもよくなっています。

というかお菓子ではなくアクセサリーなどを返す殿方もいるとか。

それを男側からの愛の告白として送っているのならまだしも、女側からの要求としてしぶしぶ送っていることもありますから怖いです。

 

 

 

ホワイトデーにしろ、バレンタインデーにしろ、モテない男子である俺には全く関係がありません。

精々、安くなったお菓子を買い込むくらい。

高校生まではクラスの優しい女子が(クラス全員に)配っていたりなどありましたが、大学生になるとバレンタインデーもホワイトデーも春休み期間なのでマジで関係ないですね。

 

ところで「ホワイトデーは3倍返し」という半沢直樹もビックリなフレーズ。

これにも由来があるそうで、バブル期の女性誌に書かれていたことのようなんですが、詳しいことは不明です。

ただ実際に男側からして3倍返しはどうなのかと言えば、状況によりけりというのが本音ですね。

例えばバレンタインデーの時に相手がそれなりに高価な贈り物をしてくれた時。それに対して等価で返すのは男としての意地が許さない。男の本気を見るがいい!という思いで3倍返しとまでは行かずとも、ある程度値がはるものを返します。

ですが、いわゆる爆弾チョコ。つまり絨毯爆撃のようにそこまで高くない贈り物を、様々な男性に送っている場合に、3倍返しを求められても、こちらとしてはチロルチョコを返すしかありません。これは因果応報というやつです。

 

もちろん女性も本気で「お返しは3倍返し」などと言ってるわけではないと思いますが、冗談とは言え男から「うわ、厚かましいなこいつ…」と思われたらエンドなので言う相手には気をつけましょう。

男は陰口を言わないなんてイメージは化石時代のものでして、今や男だって表でニコニコしながら裏でギュインギュイン悪口が飛び交ってる時代ですので。

 

 

 

とまぁ、このように多少恨みがかったホワイトデーの話をしてても、関係のないイベントであることは間違いないので、俺は黙って履歴書を書くことにします。

 

 

ホワイトデーにオススメな一曲

https://youtu.be/-TuFqVLDxZU